無理・無駄・ムラの3Mを無くして仕事を効率化しよう!

3Mを改善する為に知っておくべき知識

目的を定めて改善する

どんなに高い効率で仕事が出来る人員も、目標や目的が分からないとうまく機能しません。それどころかモチベーションの低下を起こし、非効率な人員に変わってしまう可能性もあります。

より効率的に業務をこなす為にはまず「目標(目的)」を定める必要があります。その上で従業員へ「なぜこの業務を行わなければいけないのか」をしっかりと説いてください。目的・ゴールが見えるとそれに向かって動くだけでは無く、どうすればより効率的にアクションを起こせるかを考えるきっかけになります。

企業は従業員をうまく導く柱にならなければなりません。当然無理な計画を含む3Mを見極める為に業務全体をチェックし、ダブルチェックを行い問題が無いかを確認します。

アイテムを導入して効率化?

私達は人間なのでどうしてもヒューマンエラーを起こしてしまう事もあるでしょう。これらをうまく回避していかなければ3Mに繋がってしまうので、時にはツールを含めたアイテムを使って効率化を目指すのも良い方法です。

ビジネスで利用出来るツールは多々ありますが、業務引継やタスク管理をしてくれるアプリは多くの業界から支持を得ています。スマホ連携しているアプリもあるので、外出先でも確認出来るのもツールの大きな強みです。

但しツールやアイテム導入には初期費用、またはランニングコストが発生します。得られる効率とコスト計算を行った上で導入しなければ、マイナスになってしまう可能性もあるので気をつけて下さい。ツールを導入した事の無い企業は体験サービスを使うのも良い方法です。


TOPへ戻る