無理・無駄・ムラの3Mを無くして仕事を効率化しよう!

効率の悪い人ってどんな人?

無理・無駄・ムラとは?

仕事における3Mとは、無理・無駄・ムラを指しています。無理は実践不可なスケジューリングや仕事の切詰め、人員に見合っていない作業量で遂行していくので計画自体が共倒れになってしまうケースです。

無駄は必要以上に生産、処理を行う余計なアクションを起こす事です。ムラはマニュアル化されていない為、人によって業務に差が出てしまう場合を指しています。この3Mは1点にすると些細な事ですが、それが積み重なっていく事で身動きが取れなくなります。

または何から改善して良いのか分からなくなってしまう可能性があります。どんな仕事にも潜んでいる3Mに気をつけて業務を遂行する為には何が必要なのでしょうか。また自分に当てはまる場合はどうすれば良いのでしょうか。

なぜ3Mは起こるのか?

企業内で3Mが起こる理由は一つではありませんが、マクロの部分だけに着目し全体が見えていない為に起こりうると考えられています。業務内容を熟知していないので、実践不可なスケジューリングを組む。または人員調整を誤ってしまいます。

特に作業に見合っていない人員配置を長期的に行うと、従業員の意識が低下し生産性低下にも繋がりケースによっては離職率にも直結します。「優先すべき業務」を常に考えて、業務全体を見直す事が3Mを防ぐ一番の近道です。

その為には一人で全てを行う事は出来ないので人員割振りを行う、定期的に業務の見直しを行うと良いでしょう。当然効率の悪い方への声掛けや、自分のどの部分が3Mに繋がっているのかを自覚させる必要もあります。


TOPへ戻る